どのようにショッピングサイトを作るのか

まったく形のないところから、ショッピングサイトを作る時、
みなさんは、どのような基準で、方法で、対応しますか。

「同業他社のサイトを参考にする」
これがよくあるケースではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

「自分が使っているお気に入りのサイトをまねる」
これも比較的多いのではないかと思います。

私は、これまでの経験から、これからご案内するような方法で
ショッピングサイトの作成を行なっています。

(1)お客様が動くステップを作る
 ショッピングサイトに入る前、入った後、商品を見ている時・・
 といったように順当にお客様が動くステップを作ります。

 例えばできあがったものとしての例は以下になります。

$ECコンサルblog-ステップ


(2)ステップごとにお客様の気持ちを書き出す
 各ステップごとにお客様がどのようなことを考えているのか、
 どんな期待を持っているのか、どんな迷いがありそうなのか、
 そんなことを書き出します。

 その例は以下になります。

ECコンサルblog-内容


 さらに(1)と(2)をすべて作り上げるとこんなふうになります。

$ECコンサルblog-マインドフロー


これを私の周りの人たちの間では、勝手にマインドフローと命名し、
そう呼んでいます。


コンサルティングの現場では、クライアント様のご担当者様や
時には経営層の方も交えて、しばしば、このマインドフローを
ブレスト形式で作り上げることを行っています。

「想像してみてください!
 御社の商品が並ぶ一覧ページにお客様が訪れました。
 どのようなことを考えていますか?」

と、私が問い掛けます。
すると(元気で積極的な会社では)次々と答えが返ってきます。

『私の探している物はどこにあるんだろう』ということを
 考えていると思います」
『この中で人気の商品はどれなんだろう』って思っています」
と、こんな様子です。

このようにお客様が各ステップでどのようなことを考えているのか、
またはこんなことに困っているのではないか、ということを
想像していくと、今まで気づかなかった発見が意外に多くあるものです。

また、これは本来の目的とは違う“副産物”なのですが、
同じクライアント社内でも、意見の相違が見つかったり、
発見があったり、そういうことが、その後の運営業務に活かされるなど、
見逃せない課題が浮き彫りにされることもあります。


さて、こうしてできあがった『マインドフロー』を使って
どのようにショッピングサイトを作っていくのか、
それはまた次回のコラムでご紹介することにいたします。




ページトップへ戻る

プロモーションサポート

  • カタログ同送
  • 商品同梱
  • EC支援
  • ブログ活用「ここぷり」
  • カタログ配送
  • 印刷代行
  • メルマガ広告

REPORTER

プリンセスネーム
袴田 剛史
ブログ名
ECコンサルblog
コメント

「来年度は売上を3倍にせよ!」そんな無謀とも思える指令を受け、途方に暮れた日々も味わいました。そんな経験をもとに、皆様のお手伝いをさせていただきます。