トップ > カテゴリ共通 > O2Oの様々な可能性

ic_idea.gifこんにちは、システム営業担当の小林ですic_face_relief.gif

私はシステムの営業として、様々な企業様にご訪問をさせて頂いていているのですが、
最近引き合いが多いものが O to Oについてです。

o3

O to Oとは主にEコマースの分野で用いられる用語で、

オンラインとオフラインの購買活動が連携し合う、

または、オンラインでの活動が実店舗などでの購買に影響を及ぼす、
といった意味の用語です。

Weblio辞書より)


一般的にO to OはOnlineのお客様をOfflineへ誘導することに注力することが多いのですが、
以前お話を伺った企業様では、実店舗(Offline)に来店されたお客様に対し、
Web(Online)で還元をするという形態を考えれている企業様がいらっしゃいました。

また、O to Oのアプローチの例として
先日発売されたiPhone5 をはじめとするiOS6対応機種の
ic_idea.gifPassbookic_idea.gifというものがあります。
これはクーポンやショップカードをデジタル化し一元管理するアプリです。
こちらアメリカでは日本よりもこのサービスが普及しており、
映画やコンサートチケットにまで利用できるようになっているとかic_mood.gif

Androidユーザーの私としては、まだ恩恵をうけることの出来ないサービスではありますが、
ショップカードを持ってくるのを忘れてしまったがゆえに、
商品の購入を見送ったことのある私としては購買意欲が駆られるものとなりそうですic_face_delicious.gif

今回の一例のようにO to Oに限らず通信販売にはまだまだ多くの可能性があります。
弊社では、通販企業様の様々な取り組みについてもサポートさせて頂いております。

システム面では通販基幹システムをベースとし様々なシステムとの連携を
可能にすることで通販業界の早い流れにも対応できるようになっております。
また、各種セミナーやイベント・新しい取り組みなども随時実施しておりますので、
通販のことでお悩みがある方は是非弊社に一度ご連絡を頂ければと思います。

追伸、冒頭の画像はO to Oについての画像が見当たらなかったので
(O to O⇒O2O⇒OOO⇒O3⇒オゾン)を利用させて頂きましたic_face_csweat.gif

c?ro=1&act=rss&output=no&id=4929065&name

ページトップへ戻る

scroll360サービスラインナップ

  • フルフィルメントサポート(業務支援)
  • システムサポート(システム支援)
  • プロモーションサポート(販促支援)

REPORTER

プリンセスネーム
システム
ブログ名
システム フィールド
コメント

スクロールの通販業務ノウハウを活用、20年にわたり300社以上のサポート実績を持つシステムを中心に、通販企業様のニーズに合わせ柔軟にカスタマイズ対応します!