トップ > プロモーションフィールド > 【チラシ審査-平成23年7月21日付 化粧品の効能の範囲の改正について】

先日、某企業様のチラシ審査をしていた時、

「スキンケア化粧品の使用による、しわを解消、または予防する効果の
標ぼうは、化粧品の効能の範囲を逸脱するため認められない」

の理由により、

・潤い効果で小ジワを目立たせない~

の表現をNGと判断したのですが、再度先方からご指摘があり、
確認したところ、平成23年7月21日付で化粧品の効能の範囲の改正
がされていることが判りました。

既に1年以上前の改正ではありましたが、実際にこちらで同梱封入を
希望されるチラシでこの表現を使用された事例は初めてでした。

改正された点は、

「化粧品の効能の範囲の改正について」
(平成23年7月21日付 薬食発0721第1号厚生労働省医薬食品局長通知)

で以下の効能が追加されています。

・乾燥による小ジワを目立たなくする。

【これまでとの違いは】
これまでメーキャップ化粧品では事実に反しない限り、上記効能の使用が
認められていましたが、
(スキンケア)化粧品の使用による、しわを解消、
または予防する効果の標ぼうは、化粧品の効能範囲を逸脱する
」との
理由より、これまでは認められていませんでした。

それが今回の改正により、「※効能評価試験済み」を証明するデータを提出
すること、また注意書きを添えることを条件に、
スキンケア化粧品でも効能
の使用が認められることとなった点がこれまでとの違いです。


【具体的な事例では】
具体的な事例では、

「潤い効果で小ジワを目立たせない~」
「皮膚の乾燥を防いで小ジワを目立たなくします」

の表現をスキンケア化粧品のチラシで使用することができるようになり
ました。

この表現は日本香粧学会の「化粧品機能評価法ガイドライン」の
「新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン」に基づく試験、
またはそれと同等以上の適切な試験を行い、効果が確認された製品
のみに標ぼうできます。


【ただし、消費者に誤解を与えてはいけない点は同じ】

今回、勉強不足より、判断を誤ってしまいましたが、充分確認してみると、
表現が緩和された、というよりも表現は使用できるようになったが、あくま
でそれが事実であることを証明できる場合に限る、との条件付きでの
(表現できる)効能追加である、と認識しています。

結果的に消費者に誤解を与えてはいけない点はこれまでと同じです。

「全てのシワに効果があるものと誤認される表現をしてはならない」との
明記は変わらないとおり、確実であるような保証をする表現、もちろん
事実に反する表現はこれまで通り認められていません。

既に「乾燥による小ジワを目立たなくする」化粧品が大手メーカーでは
発売されている、とも聞きます。改正当時は上記の表現を使用する試験
には時間やコストがかかる、という課題がありましたが、改正から1年近
くが経ち、今後もチラシ審査で見かけることが増えていくことと思います。

改めて消費者に誤解を与えない表現について、再度確認していきたいと
思います。


<参考資料>
日本香粧学会「化粧品機能評価ガイドライン」

フィールドレポート プロモーションフィールド
チラシ審査 紹介

c?ro=1&act=rss&output=no&id=4929011&name

ページトップへ戻る

プロモーションサポート

  • カタログ同送
  • 商品同梱
  • EC支援
  • ブログ活用「ここぷり」
  • カタログ配送
  • 印刷代行
  • メルマガ広告

REPORTER

プリンセスネーム
プロモーション
ブログ名
プロモーション フィールド
コメント

スクロールのリストビジネス(カタログ同送、商品同梱)からECコンサル、WEB広告、口コミコミュニティ「ここぷり」の運営まで、各種プロモーションならお任せください!