トップ > カテゴリ共通 > プログラマって?

皆様こんにちわ。執筆3回目の姫野です。


四月になり、新しい年度が始まりました。
私がプログラマとしての業務をさせていただくようになってから、半年ほど経過しました。

今回は、プログラマの業務についてのお話です。

私は現在、『これから導入される』システムの開発に参画しています。
開発といっても完全なゼロから作るのではなく、
既存のシステムをお客様の要望に合わせて部分的に変更(カスタマイズ)していきます。

『カスタマイズ』と一言でまとめていますが、プログラマの業務としては、
・プログラミング(PG)ic_computer.gif
・プログラムテスト(PT)ic_memo.gif
の2つに分類されます。

プログラミング(PG)
お客様から頂いた要望は、まずSEによって設計書にまとめられます。
プログラマはその設計書を元に該当するプログラムに手を加えていきます。
プログラムテスト(PT)
PGを経てプログラムがエラーなく完成したら、
次はそのプログラムが設計書通りの挙動をしているか検証します。
『正常どおりに動くかic_ok.gif』だけでなく、
『異常になった場合はこの挙動をするic_ng.gif』といったことも検証する必要があります。
PTでは、プログラムにエラーがない、つまり異常終了せずに動作しても、
『出力するデータが設計書と違う』という事が起こりえます。
その場合、プログラムは設計書通りの挙動をしていないので、
PGに戻ってプログラムの修正を行います。

PTが問題なく完了したら、機能ごとに検証する結合テスト(IT)や、
テスト用のシステムで検証するシステムテスト(ST)を行います。ic_on.gif
PTは完了しているので、つい安心してしまいます。ic_smile.gif
しかし、PTで問題ない、つまりプログラム単体は良くても、
ITやSTの段階で他のプログラムと組み合わせると、
整合性が取れずに問題が発生することがあります。ic_face_pinch.gif
それらのテストで問題がある場合は、
PGからやり直すこともあります。ic_wrench.gif
このようにPGと各種テストを繰り返し、
お客様の要求に沿った機能が完成されていきます。ic_pikapika.gif

このように、プログラマとは、
お客様の望むシステムのために、プログラムを作り変える
ことを主な業務としています。
今はプログラマとして、将来的にはSEとして、
お客様の要望通りシステムを開発できるよう努力してまいりますic_biccuri.gif
これからもよろしくお願いいたします。

以上、プログラマの業務についてのお話でした。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=4929065&name

ページトップへ戻る

scroll360サービスラインナップ

  • フルフィルメントサポート(業務支援)
  • システムサポート(システム支援)
  • プロモーションサポート(販促支援)

REPORTER

プリンセスネーム
システム
ブログ名
システム フィールド
コメント

スクロールの通販業務ノウハウを活用、20年にわたり300社以上のサポート実績を持つシステムを中心に、通販企業様のニーズに合わせ柔軟にカスタマイズ対応します!