トップ > システムフィールド > 自分の選んだ道:プログラマ

皆様こんにちは。執筆2回目の姫野です。

あっという間に入社から半年が経過しました。
本レポートを執筆するに当たって、日付を再確認し
『もうそんなに経っているのか・・・・』と感じていますic_question.gif
さて、研修が終わって、9月からOJTが始まりました。

OJT開始にあたり、今後進む道として、
『SE』『インフラ』『プログラマ』という3つの選択肢がありました。
どの選択肢も興味があって惹かれてしまい、選択に悩みましたが
SQLやC#等の、入社までに得ていた知識が最も生かせる選択肢だと思い、
私はプログラマを選択しました。

現在は、お客様に実際に導入・使用していただいている
通販システムのカスタマイズ』をしています。
自分の関わったカスタマイズが
実際にお客様が使用している通販システムの一部として動くのを想像すると、
やはり嬉しいものですね。ic_smile.gif

ちなみに、これまでに行わせていただいたカスタマイズは、
・月次帳票用のファイルを自動生成機能のため
 - 毎月行う作業のコストを低減するためic_memo.gif
・受注データを取り込む機能を作成
 - 他システムのデータに対応するためic_on.gif
・画面デザインの変更
 - 2014年の消費税率変更に対応するためic_pay.gif
etc....
などがあります。

OJTも始まってから2ヶ月が経過しました。
始まる前は、私は「学生時代の知識が役に立つだろう」と思っていました。
しかしいざ実践となると、以下のような所が足りないと感じています。

ic_01.gif知識
自分の知識よりも、時間・効率のいいソースコードの記述がある
 - 帳票用のデータを出力する機能のSQL文が、
自分で製作した場合は、実行から結果を得るまでに30分も必要としていたが、
先輩の指摘に沿って修正した後は、5分もかからなくなった。

自分の知識、スキルが業務遂行レベルまで達していない
 - システムの画面表示を直す際に、表示用のデータをデータベースから
取得するための機能が理解できず、
その機能がどういう挙動をするのかを調べることに。

ic_02.gif注意力
先輩の指摘があるまでバグや文法間違いに気付かない
 - 製作したプログラムが動かず、自分で数十分試行錯誤した。
後に先輩から『カンマやクオーテーションの付け忘れ』『スペルミス』
などの単純な指摘を受けた。

ic_03.gifトーク力 説明力
会話が相手に伝わらない
 - プログラミングに限らず、不明な点を他の方に質問する上で、
説明不足になることがあり、自分の質問内容について質問をされる。

以下は、今の時点で判明している不足点に対しての
自分なりに考えた解決策です。

ic_01.gif知識
・実務経験を多く積む
『カスタマイズしながら、ソースコードを見て手を加えていく』ということは、
知識とプログラミングスキルを向上させる機会です。
・事柄をより広い視点から考える
知識と知識を連繋していくためには必要です。
『何をしているのか?』
『何のためにあるのか?』
『関連する、あるいは似たような事柄はないか?』

ic_02.gif注意力
・製作物をいったん見直す
ひと呼吸置いてから確認することで、間違いに気付くこともあります。

ic_03.gifトーク力 説明力
・思いつくままに会話をしない
いったん自分の中で会話を組み立ててから会話をします。
『何のための会話?』
『何を伝えたい?』
『得ようとしている結果は?』

今はまだ、目の前の事柄で頭が一杯になってしまい、
全体を考慮することが出来ず、
知識やスキルが自分の中で独立した『』になっています。
上記の策を、繰り返し日常で実践していくことにより、
『点』を『』で結んでひとつなぎにしていきます。

それにより、一人前のプログラマを目指すのは勿論、
ひとりの人間として成長をしていきます。ic_ya_ru.gif

今後ともよろしくお願いします。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=4929065&name

ページトップへ戻る

システムサポート

  • クロススピークス
  • 通販シェルパPro
  • サバスタ

REPORTER

プリンセスネーム
システム
ブログ名
システム フィールド
コメント

スクロールの通販業務ノウハウを活用、20年にわたり300社以上のサポート実績を持つシステムを中心に、通販企業様のニーズに合わせ柔軟にカスタマイズ対応します!