トップ > フルフィルメントフィールド > テレポーテーションに成功?

こんにちは。レポーターの稲葉です。

久々の執筆に緊張しておりますic_face_nothing.gif

最近は「熱血レポーターの長谷川」の出番が多いですね・・・

負けないよう頑張りますic_face_nothing.gif

タイトルに挙げさせて頂いた「テレポーテーション」という言葉。
最近耳にしませんでしたでしょうか?

先日、「量子テレポーテーションに成功」という記事を耳にしました。

そもそも私には「量子」?とは何かがさっぱり分かりませんがic_anger.gif
どうやら記事を読むと「SF映画」や「猫型ロボットの漫画」に登場するような
「テレポーテーション」ではないようです・・・ic_face_imp.gif

image2222







実際に「物質」がテレポーテーションによって
距離を越えて転送される技術が開発されたら、
どのような世界になるでしょうか?ic_swirl.gif

恐らく「物流」という概念が変わってきますねic_face_csweat.gif

近い将来・・・商品は製造工場の装置から転送され、
届け先(企業、一般宅等)に設置された装置で再構築されて、
商品は「届いた」ような状態になる・・・
(以前、映画で観たような記憶がありますic_face_happy.gif

今現在ではSFの世界での話しですが、
よくよく考えてみると「音楽」は既に上記のようなサービスになってますね!

既存では、カセット・レコード・コンパクトディスクといった「媒体」を購入して、
それらをプレーヤーで再生する時代でした。
今は「配信された音楽」をPC・スマートフォンという端末に「ダウンロード」をすることで、
音楽を聴くことができます。
(テレビゲームもそうなのかな?疎いのですみませんic_face_csweat.gif

「手紙」という媒体を使わなくなった「Eメール」も同様ですねic_face_relief.gif

このように何かのサービスが「媒体」を介さずに相手に伝わることは、
ある意味で「テレポーテーション」なのかもしれません。


弊社は薄い液晶画面にて「クリック」や「タッチ」された商品を、
お客様のお手元まで商品をお届けするサービスをしております。

弊社は上記で触れた「媒体」だと私は思います。

但し、商品そのままをお送りするのではなく、
そこに思いやりをこめた「包装」や「梱包」という
「人間味」のある付加価値を生み出しています。

いくら技術が発達しても、科学が進歩しても、
「思いやり」や「おもてなし」の精神はなくならないと思いますし、
こういった精神に喜びを感じる心も変わらないと思います。

これからもお客様に喜んで頂ける付加価値を生み出し続けなければならない・・・

そんなことを思った8月でしたic_finger_ok.gif


c?ro=1&act=rss&output=no&id=4929025&name

ページトップへ戻る

フルフィルメントサポート

  • 物流代行
  • 受注代行
  • 決済代行

REPORTER

プリンセスネーム
フルフィルメント
ブログ名
フルフィルメントフィールド
コメント

通販物流30年の安心と信頼の実績より、商品・販売形態に合わせたキメ細やかな出荷ニーズに対応します。当社システムとの連動から既存システムへの対応もご相談ください。