トップ > フルフィルメントフィールド > 物流研修第2部【新人の川嵜です】

皆さま、こんにちは。
電波を感じております。新人レポーターの川嵜です。


初レポートから間髪入れずに、

ピピピッ…ピピピッ…と


image3333


だっ、第2回レポートさせていたたただきます!!


…ふう。



今回レポートする現場研修は、冷蔵・冷凍倉庫(コールドセンター)での作業報告をいたします。

ph_pd01_02
※コールドセンター内のエアシャワー(衣服についた埃等をエアで飛ばします!)

コールドセンターでは主に食品を扱っており、冷凍・冷蔵・常温の3温度帯に対応しています。


どの作業場も作業は商品明細や仕様が記載されている「出荷指示書」をもとに行われております。
これにより、誰でも「わかりやすく」「正確な」作業ができるよう工夫されております。

出荷指示書を見ながらピッキング作業を行い、棚番によって整理された棚から商品を取り出し、
お客様1件毎に商品を揃えていきます。
また、棚から商品を取り出す際に必ず指示書の商品欄にチェックを入れます。

そして「食品」には「賞味期限」が存在するので、「先入れ先出し」が正確に行われるよう、
商品棚に賞味期限を記載したカードを貼り付けています。


正直、私は商品をピックアップするだけ・・・っと思っていましたが、
実際はずっと複雑な運用をしておりました・・・


今回のコールドセンターを含め、複数の倉庫で食品も扱っているスクロール360。
幅が広いです!!

先程もお伝えしましたが、冷凍・冷蔵・常温の3温度帯にて完備させて頂いておりますので、温度管理の難しい商品であっても柔軟に対応致します!!


それでは、最終回へ続きます!!

c?ro=1&act=rss&output=no&id=4929025&name

ページトップへ戻る

フルフィルメントサポート

  • 物流代行
  • 受注代行
  • 決済代行

REPORTER

プリンセスネーム
フルフィルメント
ブログ名
フルフィルメントフィールド
コメント

通販物流30年の安心と信頼の実績より、商品・販売形態に合わせたキメ細やかな出荷ニーズに対応します。当社システムとの連動から既存システムへの対応もご相談ください。